畑のがんこもの組合・事務局の柳澤さん家の長女による農作業日誌
いなきび収穫始まりました

 台風が近づいているということで、大急ぎで収穫、入れられるモノは入れる作戦です。

 風にまかれて実が落ちてしまうと収量が大幅に減ってしまうので雨前にやれるところまでやる、といった感じです。本当は今日は本州出しの花の収穫日だったんですが、現段階ですでに大阪へ飛ぶ便が欠航になるだろうということで、東京行の花だけ収穫。また台風の影響で買い手がつかないことも考慮して数は少なめ…お彼岸前にこれはツラい。しかも次の花収穫の日に北海道に台風が当たるので下手をすると花なんて収穫してる場合じゃない!なんて事態にもなりかねません。彼岸直前の台風、本当に勘弁してほしいです。

農作業日誌 comments(0) -
個人宅配、案内状発送しました。

 毎年恒例の個人宅配の案内状を今日、ポストに投函してきました。

 毎回のことながらどんな写真と文面にするか悩みますが、今回は児玉さんが南瓜の収穫の際に面白い写真を撮っていてくれたのでそれを採用! 誰か反応してくれるかな、とちょっとドキドキです。

 

 南瓜の収穫って、つるから南瓜をハサミ(茎が太くて硬いのでそれ専用のハサミがあるんですが、人の指も切れるほどなので本当農作業って危険が伴う仕事だなって思います)で切って取る人、コンテナに積む人と役割分担してするんですが、南瓜の受け渡しってバスケのパス回しのごとく取った人が投げて積む人がキャッチ。重い物で4kg越すというのに投げてキャッチ。キャッチする側、失敗すると南瓜落としたり突き指したりするので子供の頃は恐ろしくて出来ませんでした。爺様にやらされましたが、爺様超スパルタでした。落とすな、ちゃんと受け取れ、って掛け声と共に投げてよこすんだけどバスケのボールでさえまともに取れない私にキャッチしろなんて…でも爺様、コントロールは上手かったのでやはり私が運動音痴だったんですね。

お知らせ comments(0) -
玉葱、収穫始まりました!

 今日は地元高校実習生の実習最終日。今年は女の子が二人実習に来ていたのですが、彼女たちの最後の実習は玉葱の収穫作業でした。

 今年は例年より少し大きい気がするのですが「おお、大きいね!」と喜んだ次の瞬間には2Sサイズのちっちゃい玉葱がゴロゴロ…やはり選果してみなければどうなのか解らないかな。でも予想より大きい玉葱があって良かったです。馬鈴薯が全体的に小ぶりなので玉葱も小さいのが目立つかな、と思っていたので。

 黄玉葱北こがね2号から収穫を始め、なんと!面積の約三分の二収穫終わりました! 結構なハイペースです。

 やはり腐れ玉葱が少ないのが良いです。いつもなら収穫後も玉葱の姿がちらちら見えるのですが、まさに収穫した!という姿で今年は良いんでないの?とにんまり。落とし穴がないことを祈って、残りの収穫と選果頑張ります。

農作業日誌 comments(0) -
馬鈴薯収穫始まりました!

 皆さまお久し振りです。最後の更新から大分月日が流れましたがいかがお過ごしでしょうか?

 さてさて、9月に入りまして馬鈴薯の収穫が始まりました。

 雨が近く中々畑に入れなかったのですが、束の間の晴れ間を逃さずいくぞ!ということで、地元高校の実習生徒共に手掘りで収穫するしかないキタアカリと男爵・ピルカのまくら堀りを1日に行いました。

 数日前まで今日は雨マークがついていたのですが、台風の影響で消え、ならばこのチャンスを逃すまいと花ハウス横のピルカと男爵の収穫をポテトハーベスタでしました。2日間でキタアカリとピルカが終わり、残すは農道を挟んだおむかいさんの畑にある男爵と北海コガネ。今年はどんな出来なのかな。少なくとも去年のように何もないことにはならないと思うのですが、楽しみであり心配であります。

 今年もいたよ、ハート型のピルカ。ピルカは大きくなりやすいはずですが、今年は程よい大きさのが多いみたいです。ということは馬鈴薯全体で見るなら小粒傾向にあると言えます。他の馬鈴薯農家さんでも小粒だと落ち込んだ声が聞こえるのでそうなんでしょうね。明日は玉葱を収穫しようと思っているのですが、どんな出来栄えなのか…。

農作業日誌 comments(0) -
NO.5花ハウス、定植しました。

 昨日に引き続き雨の剣淵ですが、お蔭様でほどよい気温の中マルチ張り、定植作業が出来ました。本来こんなに涼しいのは困るんですが、ハウス内は気温が上がりやすいのでハウス内で作業するには有難い気候。

 このハウスではスターチスのミスティックブルーバード、シネンシスのキノブランとフランボワーズを定植。

 これですべての花ハウスに苗が植えられたことになります。NO.5は主に秋の彼岸用に栽培しています。長期予報では猛暑になるとのことですが、順調に育っていけば良いなと思います。

農作業日誌 comments(0) -
| 1/73 | >>